テニスの面白さ【田村】

こんにちは!
最近髪を切ってさっぱりしたコーチの田村です😁

すいません、どうでもいい報告でした。

前回、清水コーチが風下か風上かとブログに書いてましたが、実は私は風下派です。
理由は思いっきりスイングできるからと、ドロップショットが風下だと活きるんです。
でもテニスの試合ではチェンジコートがあるので、風下、風上、どちらもやらなければいけません。
風向きを把握し、こっちのコートではこういうテニス、あっちのコートではこういうテニスとやり方を変えられるかが勝敗のカギを握ります。

私はこういうところにテニスの面白さがあるのではないかと思います。
確かに、風があるとやりにくいですが、風を考え、テニスを変えなければいけません。

風がなくても、相手が自分のやりにくいタイプだったり、なかなか勝てない相手だったりしたら、いつもと同じテニスをしていてもダメですよね。

じゃあどうしたらいいか。
色々なやり方があると思いますが、自分のプレースタイルと真逆のことをやってみるのも面白いかもしれないですよ。

スライスを多様してみたり、どんどんボレーに出てみたり。

もちろんそれも練習しないとできませんが、自分のプレースタイルはこれ!って決めつけるのではなく、いろんなことにトライして、いろんなことができるようになってから、自分のプレースタイルはこうだ!ってなってほしいです。

テニスに正解はないですから、いろんなことにチャレンジしていきましょう!


次は高山コーチお願いします!