試合のトスに勝ったら・後編【清水】

さて、先日の続きです。

トスに勝ったら先にサービス(またはレシーブ)、エンドを選ばす、相手に選択権を譲る理由です。
第1ゲームを自分有利な展開でプレーすることが目的です。

相手がサービスを選んだら、自分は眩しくないエンドを選び、相手に眩しい方でサービスを打ってもらいましょう。
相手がレシーブを選んだら、自分は眩しくないエンドを選び、自分のサービスを有利にしましょう。
相手がエンドを選んだら、自分が眩しかったらレシーブ、眩しくないならサービスを選びます。



眩しい、眩しくないの件は第1ゲーム後はコートチェンジをするので、そのまま自分にお返しが来てしまうのですが、ゲームカウント1-0で自分がリードしていれば、相手は次のゲームを取らねばならなくなっているので、追いかけるプレッシャーを負わせることに成功しています。
自分有利に進みますよね。


少しでも試合を有利に進めることができるかもしれない豆知識でした。
ぜひトスに勝ったら相手に選択権を譲ってみてください。

次は田村コーチ。
宜しくお願い致します。